かわいそうでいたい?

潜在意識から『現実』と『人生』を変える。

起業家の、お金と人間関係

書き換えコンサルタント

江藤恭子です。

*******

「可哀想で居たいの?」

と書こうとしたら、

「可哀想で痛い…」と変換され、

なるほど~日本語の言霊って凄いわ!

と改めて思った!

いつまでも、

「可愛いく居たい」(爆)

江藤なのです(*^^*)

*******

時々、ブログのタイトルで、

被害者丸出しの、

節操の無いタイトルを見つけては、

「どんなマインドの人なのだろうか?」

と、職業柄、つい真剣に

考えてしまうのです。

*******

そのブログをやっている人が、

本当に実在の人物かどうかも、

わかりませんし、

性別ですらわかりませんが、

ただ、被害者で居たい人なのですが、

ほぼすべてが実のところの内容は、

アフェリエイト系なのも、

面白いなと思っています。

*******

つまり、人目を引く。

同じような立場の人から、

共感や同情を得る。

被害者としての立場から、

抜け出る為に稼ぐ。

あなたも稼げる

=アフェリエイトの資料請求…

みたいな流れです。

*******

このシステム、

なにも可哀想な人や、

何かの被害者で居る必要は、

まったく無いように思えるのですが、

少し前までは、

「こんな豪華な生活が…」

だったのに、最近は真逆って、

二極化が進んでいるせいか、

面白いな、と思っています。

イマドキ、豪華な生活を

前に出しても、

ウケないんですかね~?

*******

可哀想で被害者だから、

そこから抜け出たい、

必死の人も、

もちろんいることでしょう。

ただ、ブログの主が、

本当に可哀想かどうかは、

露ほども実際はわからないのですが…

「こんな私でも〇〇円稼げました」

とか言うのは

「じゃあ私でも」と

思わせるには良い手ですね。

こういう風に見ると、

「可哀想な気の毒な人で居る利点」は、

実際は、沢山あるんですね。

*******

こういうのをセカンダリーゲイン

(二次的な利益)と呼びます。

一見大変そうなのですが、

得る物も沢山あるので、

二次的な利益を得ることを、

止められないのです。

最悪、人の関心を引くために、

重い病気になって、

亡くなってしまう人もいます。

幼い頃、病気になることで、

周囲の人達の多くの関心を集め

同情や愛や世話を受け、

自尊心が満たされたりした経験から、

病で死んでしまっても、

それをする…ということです。

まさに「可哀想で痛い!」のです。

*******

被害者意識の強い人に、

このことを言うと、

怒りだす人もいますが、

(だって私はかわいそうな人で、

私は悪くないもん!と思っているので)

被害者であることを、

やたらと選んでいる人は、

そこで何を得ているのか?

を考えてみるといいのです。

*******

ネガティブな感情に浸ることで、

本当にした方が良い行動が

出来ないように歯止めを、

掛けているのかもしれません。

幸せになったら、

困る人もいることでしょう。

可哀想で無くなったら、

誰も関心を持ってくれなくなるから…。

可哀想で居たら、

自分の人生に責任を持たなくていいから…。

まさに「可哀想で痛い」わ;;

*******

別に、人生で、

何を選んだっていいのです。

「可哀想なワタシ」で居てもいいのです。

それが、人集めのフェイクだとしても、

たぶん罪にはならないんでしょう(!?);;

*******

ただ、もしそういうものに、

あなたが惹かれるとしたら…

あなたの現実と人生は、

二次的な利益で、

一杯になる可能性があります( ;∀;)

それはあなたが、

本当に望んでいる、

現実や人生での変化ですか?

今日私が言いたいことは、

…と、いうことなんです。

人は同類としか、

一緒に居られないんです。

*******

ちなみに私は、

「可愛くて、ツイていて、

気持ち良~く、豊かで居る人」

が大好きです(*^^*)

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP