みすず学園のCM、怒涛の謎!?

潜在意識から、

起業家の『人生』と『現実』を変える。

お金と人間関係☆書き換えコンサルタント

江藤恭子です。

*******

長年、電車に乗っては、

一番疑問に思っていた広告。

それは、

「怒涛の英語力」

予備校、みすず学苑の広告。

いつもヤマトタケルが出て来て、

縄文太郎が出て来て、

プリンがたくさん出て来て、

あとはもう、どういう繋がりなんだ?

という、コスプレなキャラクター!?が…

いつも、いっぱい、

やりたい放題な感じの広告。

なんであんな扮装をするんだろうか?

などなど、個人的な疑問がいっぱいです。

*******

…気になる…!

特に最近は、

起業家さまのコンサルタントとしての

目線で見るに、更に気になる…。

どういうマーケティング戦略で、

毎年毎年、

こんな広告を作っているんだろうか?

そう思っていた訳です。

*******

当たり前のことですが、

この広告が刺さる、

クライアント、

つまり予備校生もいる訳ですね。

*******

…私は浪人経験が無く、

しかも美術系志望だったので、

一般の予備校や、

塾に行くことも無かった為、

よくわかりませんが、

私が英文科志望の学生などだったら、

捻くれ者なので、(笑)

もしかしたら、

この広告で、

みすず学苑を選んでいたかもしれません。

*******

あなたは、この広告を見て、

どう思われますか?

*******

最近、その答え?を、

みすず学苑のHPで発見しました。

http://www.misuzu-gakuen.jp/cm-q/cm1.html

…なんでもTVCMが元になっている、

ステッカーやポスターらしいのですが、

TV(特に民放)は観ないので、

私にはわからないのですね…たぶん;;

一貫したテーマが、

言葉遊びと、ダジャレとシャレと、

遊び心なのだとか。

「浪人生よ、

誇りを持って開き直れ。

ダジャレよ、

誇りを持って開き直れ」

という、裏のメッセージが

あるのだそうです。

単なるインパクトだけではないのですね。

*******

全国展開の、大手予備校よりも、

首都圏だけの規模で、

展開しているみすず学苑。

一貫したポリシーがあることは、

良くわかりました。

あとは好き好きですね。

確かに、予備校生というのは、

かなり自由を奪われた状態です。

シャレやユーモアがあってこそ、

そうしてなんとか乗り切って、

志望校に入ってほしい。

読んでいると、

学苑長と言う人の、

お人柄がなんとなくわかってきます。

*******

結果として、知りたかったことが、

わかったような、わからないような…

ではありますが、

それもシャレで乗り切ることにしましょう。

なによりも、みすず学苑は、

ちゃんと経営的にも存続してきた訳ですしね;;

*******

油断していると、

また、起業家の「あなた」に向けて、

私の熱い思い!

『現実と人生を変えたい、起業家のあなたへ。』

シリーズを書いちゃいますので、

待っててね❤

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。