夫婦の関係は 「I’m not in love」?… I’m not in love /10cc

4月の始めの日。

関東は雨の朝です。

 

今年は桜が遅いのですが、

こんな時期の雨降りには、

ついアンニュイな気分になってしまいます。

 

で、こんな朝にぴったりな曲を聴いております。

I’m not in love /10㏄

 

 

何故、起業家のお金と人間関係のコンサルなのに、

夫婦のことを書くのか?

そう思われた方は、先にこちらをお読みください。

 

*******

この曲を始めて聴いた、

ティーンエージャーの私には、

(ちなみにリリース当時ではありませんよ;;)

いまでいう、

「立ち直れない草食系男子の失恋ソング」

的な感覚だったのですが、

実はぜんぜん、そういうことで、

書かれた歌詞では無いのだと最近知りました。

*******

 

原文を読めないので、

訳した人達のネット情報なのですが、

…この曲の作詞をした、

エリック・スチュワートさんは、

当時、すでに結婚8年目だったそうですが、

 

「I’m not in love」 は夫婦の会話と、

夫婦間の「I love you」の、

別の意味を模索して出てきた言葉だった…( ゚Д゚)

 

*******

 

英語だと、愛も愛情も恋愛も、

すべてLoveになってしまうから、

 

ニュアンス的に、

エリック・スチュアートさんの

イメージした意味と同じになるかわかりませんが、

 

確かにラブラブ期を過ぎた夫婦は、

恋愛、という意味においては、

I’m not in love かも知れません。

 

*******

 

(以下、インタビュー記事。)

 

エリック・スチワートは語る。

「当時妻と結婚して8年程経っていたんだ。

 

そして妻が私に、

何故もっと“愛してる” って言ってくれないの?

と言い始めたんだ。

 

I’m not in loveの

突拍子もない歌詞のアイデアは、

この時の会話がヒントになっているだが、

 

いずれにしても彼女との会話が

ずっと頭から離れなかったんだよ。

 

そして妻に、

 

いつも“愛してる”って言い続けて、

日常の挨拶のようになってしまったら、

無意味なものになってしまうだろう、

 

って答えたんだ。

 

そこで自分としては、他の言い回しで

この問題への回答をしようと思い、

それに一番近い感じの言葉が

「I’m not in love」だったんだ。

 

曲中に巧妙に逆説的な意味を織りまぜて、

 

何故、私が妻と長い間、

夫婦関係であり続けているのかを

言いたかったんだ。

 

*******

 

この逆説的な発想は非常に功を奏し、

エリックと彼女は、

40年以上もの夫婦関係を続けているそうです。

 

歌詞の中には、いかにもイギリス人らしい、

ちょっと皮肉交じりな感じもあるのかもですが、

 

恋愛中が正攻法で「I love you」であるならば、

長い結婚生活は、

「I’m not in love」なのかも知れませんね。

 

いつも“愛してる”って言い続けて、

日常の挨拶のようになってしまったら、

無意味なものになってしまうだろう、

って答えたんだ。

 

…深いですね(*^^*)

 

*******

 

…欧米の人は日本人に比べて、

共感力が乏しく、

個人主義で、個々人の主張が激しいので、

なんでも言葉に出して、それで確かめる。

 

日本人からしてみれば、

大げさな行為(ハグやキス)をし続けることも、

そうしないとわからない。

 

阿吽の呼吸で理解し合う、

なんてあまりできないのかな…と思います。

 

だから長いあいだ、夫婦でいると、

「I love you」もご挨拶のようなものに

なるのかもですが、

 

エリックさんの感性や感覚として、

それは違っていたのでしょうし、

 

それは自分の気持ちとは違うんだよ、

と、ちゃんと妻に言えているところが、

 

夫婦が40年以上も続く、

秘訣なのかも知れませんね…。

*******

日本人は配偶者に

「愛してる」なんて滅多に言わないかな?

 

「ウチは言ってる~」って、

それは大抵、3年未満の新婚さんでは?(笑)

 

結婚8年目以降で言いあっているご夫婦は、

あまりいないだろうと思います。

 

そもそも「愛してる」は、確か、

明治維新以降に、

福沢諭吉先生が訳して出来た言葉。

 

日本人にはどこか違和感があるようにも思うのです。

 

「愛おしい」が愛の本来の使い方だったから。

 

*******

 

「I love you」でも

「I’m not in love」でも

 

お互いがお互いを大切に思い、

認めあって、

 

夫婦という関係が、

人生の安心できる土台であれば、

 

要はそれでいいのです。

 

結婚をして、それを維持したい人が

心から欲しいのは、

このことではありませんか?

 

結婚という形態でなくとも、

人が欲しいものは最終的に、

 

愛し、愛される状態。

 

そして。

 

特に会社経営者、

自営業者、

起業家の場合、

 

そういう関係を長年、作れている人が、

実は一番、仕事もお金も人間関係も、

すべてうまく行っているのです。

 

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

 

 

—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP