死体の一部(=毛皮)とジュエリーの組み合わせ。

ちょっとすごい

タイトルかも知れませんが…。

これはあくまでも、

私の個人的な見解です。

私がいうところの、

死体(の一部)とは

毛皮のことです。

ジュエリーのことで言えば、

この季節、

天然石と毛皮を組み合わせた、

ジュエリーを見かけます。

天然石と毛皮を合わせた、

開運グッズなどもあるとかないとか。

私にとっては、

死体の一部と天然石の組み合わせは、

キ◯ガイか猟奇的な物にしか思えません。

ですから、私は毛皮は身につけませんし、

ワン・コマンド・ジュエリーにも、

決して使いません。

この季節は、手芸店や、天然石売り場、

スワロフスキの売り場でも、

素材として見かけます。

…ウサギやキツネ、

ミンクと思いきや、

安価なものは、

中国で「生産」された、

犬や猫の毛皮だったりする可能性も、

実は大です。

酷いことは、このブログに

書きたくありませんが、

毛皮は、動物が生きたまま、

皮を剥ぐってご存知ないのでしょうね。

ですから、もう、

波動の時点で、不可です。

ジュエリーに毛皮をご希望されても、

私は使いません、と

お知らせをしておきますね。

生きている動物をもふもふして、

その毛並みを愛でるのが、

個人的に一番です。

21世紀のファッションに、

リアルファーは必要無い、

というのが、私の考えです。

ちなみに、結婚式に毛皮を身に付けて

出世するのは、

失礼とされています。

ファーのショールやボレロは、

NGということですね。

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。