節分no苦行(!?)

江藤恭子です。

昨日は節分でしたね。

起業家にとって、縁起を担ぐことも

大切なことの一つかと思います。

私の知っている、

起業コンサルタントさんは、

「運気を上げるためならば何でもやる」のだそうで、

なので昨日の節分でも、

この方は恵方巻を食べられたのではないか、と思います。

私にとっての恵方巻の行事は、

ヘビーメタルバンドのボーカルが、

「世の中にのせられるんじゃねーよー!」

とオーディエンスに向けて叫びつつ、

オーディエンスをノセては、

ヘッドバンギングさせているのと、

どっか似ている…気がしてなりません。

ああ、なんてひねくれているんでしょう。

クリスマスのケーキもチキンも、

バレンタインのチョコだって、

そういうものなのに。(爆)

しかし恵方巻について、そんなことを考えてしまうのは、

私が単に「太巻き」というものが

苦手だからに他ありません、のです。

*******

ちなみに京都市出身の私ですが、
節分の恵方巻の習慣なんて、
2005年まで、全く知りませんでした。

なので恵方巻の行事が流行り始めた頃…

恵方を向いて、切っていない太巻きを、
無言のまま食べ尽す…

というこの行事は、私には、悪夢か苦行かの、
何物でもありませんでした(爆)

いまでは「海鮮巻き」という
有難いものがあるので、
さして苦行(!?)でもなくなりましたが。

なんだかそれでも、

家族全員で、一方向を向きながら、

完全無言で、もぐもぐと一心不乱に、
ご飯や具が出てこないように気をつけながら、
悶々と巻き寿司を食べる…のは、

陽気な豆まきに比べると、
なにか異様な気がするのは私だけでしょうか!?

まー、どこかの食品メーカーか、
海苔の業界かがブームにしたのではないか?

と私は睨んでおりましたが、

やはり大々的なブームは、近年なんですね。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%81%B5%E6%96%B9%E5%B7%BB

ジバニャン、恵方巻を食べる、の図。
ニャンとも美味しいのかな?

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

節分の次は、バレンタイン~♡


人気ブログランキングへ

—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP