降って湧いた〇〇〇がすべての元凶(!?)

前回の続きです。

*******

でもあのギスギス女は、

「いかにもあなたが悪いのよ」

と言わんばかりに、

私を加害者扱いした。

私はそのことに腹が立っている。

でも一方で、

「私は悪くない!」

と自分自身のこと思っている。

…矛盾している。

これって何なの何なのだろう?

すると、モヤモヤ~っと私の感情から、

ある言葉が湧いてきました。

その言葉とは!?

【罪悪感!】

私は頭では、

自分の事は悪くないと思っている。

本当は悪いかもしれないが、

それは認めたくない!

「向こうからぶつかってきたのよ」

と頑張っている。

でも心の中では、

やはり罪悪感を感じている。

だからこそ、

私は悪いことなんかしていない、って。

頑張るのだ。

私が悪い→悪くない→私が悪い→悪くない→

ぐるぐる回って回って回って…

ちびくろサンボの虎達のように、

責めて追いかけて、を、

自分ひとりの中で繰り返して、

自分で自分を責めて、

相手を悪者にしてせめて、

その上、私が私自身を苦しめている。

うう…バターになりそうだっ(笑)

しかも超まずいバター。

しかし私は、バターになって、

サンボ君のパンケーキの

お供になるということは起こらないで(笑)

罪悪感をただ手放す。

と言うことが、

科学反応のように、パパッと、起こりました。

その瞬間、心がふわっと、

気持ちがスカッとしました。

矛盾した苦しみの、

その根底にあるものは、

ありとあらゆる、

様々な形に変化した、

【罪悪感】

なんだと、ストン、と、

腑に落ちたのです…。

「ぶつかってきたギスギス女さん、ありがとう~!!!」

と心の中で感謝をして、

その後、私は、

快適な車中の旅をつづけたのでした。

{B26D877F-4474-4A3A-B826-37CE55D5C711:01}

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。