あなたの「決断」をさせないものとは?

江藤恭子です。

9日より里の京都におります。

ホテルのお部屋からは二条城が見えます。

紅葉も始まっていて、

夜はライトアップしていて綺麗です~。

*******

私は、起業家さま、プレ起業家さまの為の、

メンタル面でのコンサルタントをしている訳ですが、

私の周囲の方々は、クライアントさまも含めて、

ご自分の人生や仕事やその内容などについて、

「決められない!」女性が、

ほーーーーんとうに多くいらっしゃいます;;(-_-;)

…決めたくないのだし、

決めたら都合が悪いから決めないのであって、

それでいいと思うのですけれどね…。

*******

決めたいのに決められない。

決める勇気が無い。

決めて失敗したらどうしよう…。

その前に、

何かをしたいのだけれど、何をしたらいいのかわからない。

私にとって心からやりたいことが見つからない。

私の才能や能力ってなに?

何をしたら起業家としてやってゆけるの?

〇〇をしたいのだけれどきっと無理だろう…

・・・もうこれはプレ起業家さま以前の問題で、

私の専門ではないので、

こう言うご質問で来られても

正直言って困るのですよ(爆)

*******

と言ってしまったら身も蓋も無いのですが;;( 一一)

これって、レストラン街の前に立って

「私、何が食べたいのかわからないんですけれど、

私が何を食べたいのかを誰か教えてくださーい!」

と言ってるのと同じだって、わかりますか?

どのお店も、お客様は欲しいですから、

「ウチがいいんじゃないですか~、

ウチの料理はおいしいですよ」

と言われて、気が向いたら、

その店にあなたは入るかもしれません。

「いえ、私はあなたのお店の料理は、

食べたい気分ではありません」

と言うかも知れません。

(…ちゃんと自分が嫌なものは解っているじゃありませんか!)

*******

やっとこさレストランを決めて、

イタリアンに入ったとして、

そこでまたあなたは言うのです。

「私、ピザかパスタか、何を食べたらいいのかわかりませんし、

決めてもその中の、

どのピザかパスタを選んだらいいのかも、わかりません」

…ま、普通、「このお店のお奨めは?」

くらいは聞くかもしれませんが…

こんなことを言うお客、いますか?

あなたはこんなことをお店で言いますか?

…しかし…銀座に来られた方々の中には、

とてもたくさんの方々が、これと同じことを仰います。

*******

その日食べるお料理と、

人生で決める仕事は、

その重要度が、

全然違うじゃありませんか!

と、あなたは言うでしょうか?

・・・自分の食べたいものも決められないのに、

人生での重要な決断ができるのでしょうか?

*******

人から背中を押してほしい。

決められないので、誰かに決めて欲しい。

誰かに相談したら、

自分にとって、

素晴らしい道が開けるかもしれない…

*******

そういうのを、依存と言います。

依存している限り、

人生も、起業も、恋愛も、婚活も、

まず上手く行きませんから!

*******

自分自身の人生をより良く生きて、

成功したい!と思っているのであれば、

まずこのことを心して!

人から意見を聞いてもいいけれど、

選ぶ選択肢を広げてもいいけれど、

「自分で決める!」

ことをまず「決める」必要があるのです。

*******

これは起業家に限ったことではありません。

松岡修造さんのテニススクールでは、

子供達に瞬時に選択力をつけるために、

レストランでメニューは30秒以内に決める、

という訓練をしているそうです。

テニスなどのスポーツでは、

「瞬時の決定」が勝敗を分けるからですね!

そこで人生が決まってしまうことも大いにある訳です…。

*******

決定したことで成功しても失敗しても、

それはすべて自己責任です。

つまり、

…決められな人は、

自己責任も取りたくない人、

なのかもしれませんね。

成功する人、は、

そのことに責任を取っている人、

とも言えますね。

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP