セッションで、自分と向き合うことで得られること~感情と向き合えない人は。

潜在意識から『現実』と『人生』を変える。

起業家の、お金と人間関係

書き換えコンサルタント

江藤恭子です。

*******

 

前回は、身体編でしたので、

 

 

今回は感情編です。

 

 

 

*******

 

 

 

私たち日本人は、

 

 

「感情に流されるな」

 

 

「感情的になるな」

 

 

「感情をあらわに出すのは、

 

 

みっともないことだ」

 

 

 

 

特にネガティブな感情については、

 

 

 

 

上記のように言われて育ちます。

 

 

 

…確かにこんな顔を、あからさまにされたら嫌ですが…

 

 

 

 

*******

 

 

 

あなたが自分の感情がわかっていて、

 

ちゃんと感じることは、

 

 

物凄く大切なことですと、

 

 

私はもう幾度も幾度も、

 

 

ブログに書き、

個人セッションでもお話をしています。

 

 

 

 

自分の感情をわかっていない、

 

 

 

 

感じることが出来ないで、

 

 

生きていることは、

 

 

 

クライアントさまの現実を、

 

 

 

大きく変えるという仕事をしている、

 

 

私から見れば、

 

 

 

キケン極まりないことだとまで、

 

 

 

断言することが出来ます。

 

 

 

自分の感情と分離している状態は、

 

 

 

最悪の場合、

 

 

自分の危機を感じ取ることができず、

 

 

回避できることが、

 

 

出来なかったりするからです…

あと、他人の感情にも、

無関心になりがちです。

 

 

 

 

*******

 

 

 

 

感情を理性で、

 

押さえなければいけないことは、

 

 

社会生活をしてゆく上で、

 

 

どうしてもあることだと思います。

 

 

 

そうして、

 

 

 

ネガティブな感情は、

 

 

感じない方が生きてゆきやすいですね。

 

 

 

*******

 

 

 

 

「自分の感情を感じられない人」

 

 

 

本当に多いです。

 

 

 

胎児期~幼少期(6歳頃まで)の、

ほとんどが、両親や家庭での、

 

 

 

辛い経験から、感情を感じないように

 

 

閉じてしまったことが一番多い原因ですが、

 

 

それ以外でも、成長過程で、

 

感情のフタを閉めてしまう人は、

実に多いのです。

ひどい虐待を受けて育った方の、

 

 

特徴のひとつですが、

あまりに自分の感情を、

 

 

感じられない人は、残念ですが、

 

 

セッションを受けていただけません。

 

そういう方は、トラウマ専門の臨床心理士や、

 

精神科などへ行かれることを

 

 

お勧めしています。

*******

普通に育ってきた人でも、

 

 

日本人の場合は、

 

 

自分の感情を感じたり、

 

 

出したりしないような文化で育っているので、

 

 

 

自分が感じていることが、

 

 

 

どのようなことなのか?

 

 

について、

 

 

とても強い感情以外は、

 

 

意識をしない人が殆どです。

*******

 

 

そうして、

 

 

怒り、悲しみ、罪悪感、無価値感…

 

 

 

こういった強い感情は特に、

 

 

 

感じていても、蓋をしたり、

 

 

外には、出さないようにします。

 

 

 

でも、ポジティブな感情も、

 

 

 

あまりちゃんと感じていなかったり、

 

 

それを言葉に出来ない人も多いです。

 

 

 

ネガティブなことに蓋をしていると、

 

 

ポジティブなことも、

 

 

感じにくくなる傾向があります。

 

 

 

*******

 

 

 

 

自分の感情を感じて、

 

 

 

現実社会で、

 

 

感情的になって表現することと、

 

 

 

自分の感情を自分で感じて、

 

 

 

それを自分で認めることは、

 

 

まったく違うことです。

 

 

 

あなたの中にある感情は、

 

 

 

ポジティブでもネガティブでも、

 

 

いずれにせよあなたのものです。

 

 

 

ちゃんと存在を認めてあげることが、

 

 

 

とても大切なのです。

 

 

 

認めてあげないと、

 

 

 

それは精神や心、

 

 

そして身体の中に溜まって、

 

 

それを感じない限り、

 

 

出てゆくことが無いのです。

 

 

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

 

 

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。