夫婦関係とビジネスはイコールである~A社長の思い出。

潜在意識から『現実』と『人生』を変える。

起業家の、お金と人間関係

書き換えコンサルタント

江藤恭子です。

*******

私は、四つ脚動物の肉は食べない、

ゆるゆるのベジタリアンなので、

すき焼き屋に行くことはまずないのですが、

京都には有名な三嶋亭というお店があり、

https://www.mishima-tei.co.jp/

その精肉店が、京都の有名デパートの、

地下食品売り場に入っています。

京都から関東の自宅に戻るにあたり、
夫へのお土産は大抵、牛肉です。

関西は関東よりも、

牛肉の流通が良いことと、

質が良いものが手に入りやすいので、

私個人にとってお肉は、

「かつて牛と呼ばれた、

大きくて、愛らしい動物の死体の一部」

でしかないのですが;;(>_<)

個々人の食事の好みは夫々ですので、

買って帰ることにしているのです。

*******

その、伊勢丹の地下の三嶋亭で、

お肉を買っている時、

霜降りの、美しく並べられた、

すき焼き肉を見ていたら、

父の友人でもあり取引先でもあった、

会社の社長さんの、

A社長さんを思い出しました。

社長は、とても顔立ちの整った男前で、

ダンディで、バーバリーが似合う、

英国紳士のような方でした。

ご自分でも、「ボクは紳士ですよ」

と仰っても、

嫌味ひとつない方でした。

*******

余談ですが、まだ誰も、

バーバリーのマフラーなど、

女の子が身に着けていない頃から、

私のマフラーは20代から、

バーバリーの、カシミアの、

タータンチェックだったのは、

この社長さんからねか、

父への贈り物を、

私がちゃっかり戴いたからでした。

(父は、マフラーはしない人でしたので)

贈り物のセンスも、いつも素敵な方でした。

(母にはブランド物のスカーフなどが多かった)

*******

ご自分の会社の車を運転して、

三嶋亭の、高価なすき焼き肉を持参して、

実家にやって来られては、

「奥さん~、鴨がネギ背負って来ましたよ」

と言われたものでした。

そうして、料理上手な母に命じて、

すべてを自分好みの、

手順と味付けで、すき焼きを作らせ、

日本酒を冷やす温度から、器などまで、

すべて指示をして、ご満悦で、

下戸の父と食事を共に楽しまれていました。

A社長は不思議な方で、

どんな我儘を言われても、

気持ち良くこちらが聞いてしまう、

そんな不思議な魅力を持った方でした。

父も母も、とてもA社長が、

好きだったのだろうと思います。

そうして、社長もそうだったと思います。

*******

こんな風に実家を、

来訪をされていた頃は、

既に、重いご病気をされた後でした。

ご夫婦仲やご家族のことを、

こぼされることも多かったようです。

もちろん、ご病気のせいで、

そうなってしまわれたことも、

あったかもしれませんが、

美術学校の生徒だった私に、

直接、仰った苦悩を、

私は忘れることが出来ません。

「妻とのことで本当に悩んで、悩んで…

だから頭の病気になってしまった」

*******

美しくて我儘な女性に惹かれてしまった、

金も力もある色男が、

ビジネスの不振や、病で、

それを無くしてしまうと、

大切にはされなくなるのか?

やはり、既に40歳から大病を患ってた、

父に対して、社長は共感を、

されていたのかもしれません。

そんな父を支え続けた母のことを、

社長はどう思われていたのだろうか?

20年以上、結婚生活を続けた私は、

この歳になって、思います。

*******

実家よりも大きな会社を、

経営されていたA社長。

ご自身のビジネスが、

順調に大きくなっていた頃は、

自信に満ち溢れ、

美しい3人のお子さん(1男2女)にも恵まれ、

ご夫婦仲も良かったと伺っています。

父曰く、

「(商売の幅を)少し手を広げ過ぎたのだ。」

と言っていました。

高度成長期、うなぎ登りで、

なんでもうまく行った時期でした。

*******

ある時、実家にいらしたA社長は、

「さしてお金も無いのに、

私を置いて、妻と家族は、

ヨーロッパ旅行へ行ってしまった」

まるで、モーツアルトの妻、

コンスタンツェだなぁと当時思ったものですが、

両親はそんな社長を、

出来るだけ楽しく、

おもてなしをしていたのだと思います。

もう、ご自分のお家では、あまり、

寛げなかったのかも知れません。

*******

社長は、高度成長でビジネスを広げ過ぎて、

結局は縮小をするしかなかったのだけれど、

奥様は、自己愛の不足を、

華美な生活でしか、

補えない人だったのかもしれません。

そんな奥様には、そのことは、

耐えられなかったのかも知れない。

ただ、ご夫婦のことは、

奥様だけに、

非がある訳でもないと思います。

ご病気で、A社長は、元の夫とは、

違う人になってしまわれた面が、

かなりあったと思います。

受け入れられないものは、

受け入れられないのですから。

*******

社長の病の原因は、

本当のところはわかりません。

でも大きな悩みを抱えておられたことは、

事実でした。

最も苦しいのは、奥様を、

社長が愛しておられたことだと思います。

愛は、所詮、金の切れ目が…なのだろうか。

若い私は、そんな風に思いました。

でも、やっぱり、

しっくり来ることはありませんでした。

*******

このA社長のことは、

ビジネスと夫婦関係、家族関係、

パートナーシップは、

切っても切り離せない関係にあり、

「どちからかだけが良い」は、

本当は無いことの実例です。

*******

A社長の最後は、父が亡くなってから、

母から聞きました。

最後に、父
が、

A社長に会いに行った時のことも

聞きました。

それは、
健啖家(食欲の旺盛な人の意味)で、

美食家だった人らしいお話でしたが、

胸の詰まるお話でもあります。

*******

私は、起業家さま、ビジネスマンに、

メンタル面から、人生の全てを、

潜在意識から上手く行かせるプロとして、

ビジネスも夫婦関係も、家族関係も、

すべてうまく行って欲しいと、
切に願っています。

では、どうすればよいのか?

長くなりましたので、そのことも含めて、

次のブログに紹介したいと思います。

{478B9946-CEC9-4216-9214-92B17B0CE2F1:01}

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。


人気ブログランキングへ

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。