妻(夫)というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界は豊かで平和になると思う。

潜在意識から、人生と現実を変える。

起業家のお金と人間関係

書き換えコンサルタント

江藤恭子です。

 

3連休の最後ですね。

今日は漫画をご紹介します。

サラリーマン 妻夫木マモルの愛妻生活

*******

 

私は夫婦セラピストではありませんが、

 

起業家が(そうでない人も)

お金も人間関係も、ビジネスもそれ以外も、

 

すべて本当に上手く行く人生を望むならば、

 

既婚者の場合、

パートナーシップが良好であること、

つまり夫婦円満が最も望ましいです。


 

*******

 

不思議なんですが、仲の良い夫婦って、

お金も人間関係も、上手く行くんですわ。

 

現在のパートナーと、

上手くやってゆきたいのであれば、

 

夫は愛妻家。

妻は夫をアゲる女であることが、

最強なんです。

(私、あげ○んって言葉、好きじゃないんです。)

間違っても「夫に尽す女」じゃあ、ありませんよ。

 

*******

 

しかし、ただですら自分の気持ちを、

言う、伝えることが下手な日本の男性諸君。

 

日本愛妻家協会、なる協会があるのですよ。

 

そこから出ている、

「愛妻家になるバイブル」なるものがあり、

2017年3月20日現在、

kindleだと無料ダウンロードできるので、

スマホやタブレットでいつでもどこでも読めるのです。

 

しかも、単に真面目な内容ではなく、

どこかシュールな絵とスタイルで笑えて、

ゲームのクエスト風な展開となっています。

サラリーマン 妻夫木マモルの愛妻生活

田中光 (著), 日本愛妻家協会 (監修), 

小高 千枝 (監修)

 

漫画の内容がわかる紹介サイト。

https://conobie.jp/article/4333

 

*******

 

ある男性クライアントさまも、

「お金と人間関係を潜在意識から

変えるセッション」をリピートされながら、

 

妻との関係を、更に今まで以上に、

より良いものに変えてゆかれています。

 

その効果は、妻との関係だけでなく、

自分自身のメンタル面でのよい変化も、

大きくあると仰っています。

 

妻以外にも、身近な人に対して、

自分の本音を話すことに、

躊躇が無くなってきたのだそうです。

 

*******

 

不思議と、一番近い他人に対して、

よい関係を作れるようになると、

 

それ以外の人達とも、

よい関係になれますし、

その結果、仕事やお金も、

上手く行きはじめるのです。

 

日本愛妻家協会のスローガンが、

 

「妻というもっとも身近な赤の他人を

大切にする人が増えると、

世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね。」

 

だそうですが、

私は愛妻家、そして夫を愛する妻が、

日本中に増えれば、

(愛夫家、という言葉は無いのですよね;;)

 

日本は、物凄く豊かで、

平和な国になると強く思います。

 

*******

 

すべての人が結婚する必要も無いですし、

その結婚をずっと維持しなければいけない訳でもなく、

 

お互いのステージが違い過ぎれば、

別れることも大いにあり得ます。

 

結婚をしないで一緒に居る人もいれば、

LBGTの人達もいることですし、

 

いろんなライフスタイルの人がいて、

尊重されるべきと思っています。

 

ただ一つ言えることは、

あなたの隣に誰かがいるのであれば、

その人との関係は良好であった方が、

 

まずあなた自身が幸せだ、ということです。

夫婦というのは赤の他人が家族であるという、

アタリマエかつ物凄く不思議な人間関係です。

 

その間に子供が出来て、

糾える縄のごとし、

そうやって代々続いてきた関係が家系です。

 

この漫画、作品としても凄く面白いので、

女性の方も、ぜひ読んでみてください。

 

あなたの夫に、読んでもらうのもいいですね。
 

*******

最後まで読んでくださって、
ありがとうございます。

 

 

 

—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP