自分の責任=自分が悪い…では無いです!

潜在意識から『現実』と『人生』を変える。

起業家の、

お金と人間関係☆書き換えコンサルタント

江藤恭子です。

*******

今日からしばし、自宅を離れます。

ブログの更新が少な目になると思います;;

愛猫のツンデレ姫に、

「お母さんはしばし、お留守にすること」

を伝えねば、なのですが…

聞いてくれるかどうか;;(^▽^;)

*******

さて、昨夜、クライアントさまの、

アフターSkypeセッションにて、

セッション後の変化について、

お話していただいていたのですが、

「これは私の責任だからと、

辛い現状を、ずっと我慢し続けていた」

と言われていたことに、

まさに、これは、

『責任の問題を、

どう捉えるか!

という問題だ!!!』

と痛感したのです。

*******

これは、どう捉えるかで、

物凄く人生全般が変わる、

お話だからです…。

*******

意識や理解のレベルが、

低いうちは、

不都合なことが自分に起こると、

「相手や状況のせい」にします。

意識が高まってくると、

「それが起こるのは私のせい」

と、自分に責任があると理解し始めます。

しかしここで…「私のせい=私が悪い」

と混同するのです…。

責任問題と処罰というのは、

確かに刑事事件や法的なことには、

イコールであることが多いですね。

しかし、自己責任における、

自分自身の問題である場合、

自分を罰する、責めることは、

心情的、マインド的に、

やりがちなことなのですが、

まずそれで問題は解決しません。

また自分を責めるほど、

罪悪感や無価値感が強くなり、

つまり「私ってダメ人間」と

セルフイメージが低くなるばかりです。

罪滅ぼしの意識から、

「幸せになること」や

「受け取ること」を拒否する人も多いので、

結局、上手く行かない悪循環を、

グルグルと経験することになったりします。

…自分が不幸になって罪滅ぼしって、

正しいでしょうか?

意識ではそう思っていなくても、

強く思いこんだ挙句、

潜在意識でそう思い続けていたりすると、

ずっと自分を苛んでくれることが、

続いたりするのです・・・

身に覚えのある人、いませんか?

*******

もっと意識が高まりますと、

自己責任=そのようなシステム、

なのだとわかるようになります。

責任から生きることができるようになると、

次からはもう同じ責任を負わなくても良いように、

意識が変わってゆくのです。

「自分を不幸にしていたのは自分の責任」

そうわかると、

「責任を取ることは、自分自身を幸せにすること」

だとわかり、まず自分を責めることを止めたり、

自分を不幸にする環境から離れたり、

適切な行動を取ったりするようになります。

責任についての意識が変わると、

こんな感じで、人は動き始めます。

*******

「自分が悪い、私の責任」

こう思っている人は、

面白いほど、(スミマセン)

お金や仕事、

もしくは人間関係、

パートナーシップが

何故か上手く行かない人の筈です。

それは…そう思うこと自体、

ブロックですし、

そう思うことの下地に、

ずでにブロックがあり、

山積みにされたブロックの先端に、

いま現在の問題が乗っかっている、

そんな感じだからです。

つまり、根っこが結構深い筈なんです。

罪悪感=潜在意識の中のゴジラ!?

でも書きましたが、

罪悪感は、人が自然に持つように出来ている、

感情の一つで、

誠実な人ほど持ちやすいものですが、

これをたくさん持っている人には、

残念ながらよいことって本当に無いんです。

ですから、繰り返し書きますね。

「自分の責任=自分が悪い…では無いです!」

ではどうすれば、

自分の責任を果たし、

罪悪感から解放されるのでしょうか?

それは、個々人のケースバイケースなのですが、

大雑把に言えば、

「自分が幸せの方向へ行く」ことです。

*******

ホテルラウンジにて、開催しております、

「ビジネスブロック発見セッション」では、

ビジネスやお金について、

何を解放したら、スムーズに上手く行くのか?

についてのお話をさせていただいています。

あなたが、思いもよらないところにある、

罪悪感に気づくことで、

解放されることも多いものですよ;;

お申込みは、

http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/4111

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。