被害者意識に降って湧いたのは〇〇〇だった!?

江藤恭子です。

前回に続き、更なる、

私自身の心身のメンテナンスの為に、

また京都に来ています。

道中、晴れていて富士山が良く見えました。

*******

今回の京都行きの道中で、

ある出来事から、

不快な状態になり、

それから瞬時にして解放された、

そんな経験をしました。

起業家仲間で先輩の方に会う為に、

新大阪へ向かう新幹線に乗るために、

駅で朝ご飯を買おう、という時のことです。

駅ナカのパン屋さんの前で、

ある女性と軽くぶつかりました。

私はその時、自分のトランクに

気をとられていて、

女性に気がついていませんでした。

すぐにごめんなさいと謝ったのですが、

その女性は、何も言わず…

私がものすごく、

ひどいことをしたかのような表情で、

私を、時間をかけて、

まじまじと見つめ返しました。

角張った顔のその女性は、

私に名とてもギスギスした感じに思えました。

そしてヨロヨロと彼女は、

どこかへ歩いて行きました。

私もなんだか、

とても嫌な気分になって、

「ああいう、被害者意識で生きている人って、嫌だわ~

と思いました。

そして、自分がとても腹を立てていることに

気がつきました。

メンタルコンサルとして、

多くの方からご自分の問題をお伺いし、

トータルライフ☆ブロックバスターの

セッションをさせていただく中で、

どなたにとっても、

被害者意識というものは、

切っても切り離せない、

厄介なものの一つです。

そして出発の朝から、

こんな事態を招いている自分自身に、

「これはサインだわ」と言いました。

でも下り坂の感情は、

勝手に暴走しようとしていました。

なんて子供っぽい!と思いつつも;;(苦笑)

ぶつかったことはお互いに、

不幸なことだけれど、

私には悪気は無い。

でもあのギスギス女は、

「いかにもあなたが悪いのよ」

と言わんばかりに、

私を加害者扱いした。

私はそのことに腹が立っている。

でも一方で、

私は悪くない!

と自分自身のこと思っている。

…矛盾している。

これって何なの何なのだろう?

すると、モヤモヤ~っと私の感情から、

ある言葉が湧いてきました。

…その言葉とは!?

次回に続きます…(*^^*)

*******

最後まで読んでくださって

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。