起業家向け「仕事の転換期」にすべき、大切かつ必須なこと。

前回の記事が好評だったようですので、

さらにその先を書きたいと思います。

 

仕事の転換期。

 

この場合、

仕事の内容をすべて変えてしまう、

というようなことでは無く、

 

コンサルタント、アドバイザー、

コーチ、ヒーラーさんなどの場合を

特に意識して書いていますが、

 

お客様に提供する仕事の内容を、

新たに創る場合や、

内容をリニューアルする場合と、

定義して今回は書きます。

 

実際にご相談のあった、

お仕事の転換期のコンサルタントさまも、

フルセッション後、

とてもうまく行かれているご様子です。

その際にお話をしたことを、

惜しげもなく書いております。

 

*******

さて、転換期の注意点としては、

 

〇いままで上手く行っていた、

  仕事への申し込みが途絶える。

 

〇申し込みは入るが、キャンセルが相次ぐ

 

〇仕事を進めにくい、

  トラブルになりやすいクライアントが来る。

 (妙な、ヘンなクライアント、

  というとわかりやすいかも)

 

〇新規の仕事に人が集まらない

ということが起こりがちです。

 

*******

 

私のクライアントさまであれば、

転換期の場合は、

潜在意識から、上記のことが起こりやすい、

その要因を分析し、調整して、

「出来るだけ起こらないようにする」

 

これが第一です。

 

これは削除する内容が、

個々人によって違いますので、

ブログに書くことはできません。

 

要は起こって欲しくないことについて、

事前に芽を摘んでおく、ということです。

 

これによって、

スムーズに転換期もビジネスが出来ます。

これについては、お試しセッション、

 

*******

では、惜しげもなく参りましょう(*^^*)

 

まず、提供する内容やメニューを変えても、

変わらずにお客でいてくれるような、

「優良顧客」について、

手厚くフォローをしましょう。

 

また、休眠中ではあるが、

よい関係の顧客に対して、

 

相手が喜ぶような条件をつけて、

(無料オファーなど)

またご予約をしていただけるような

「お声がけ」をすることも有効です。

 

メールもいいでしょうし、

直接会ってもいいですね。

新規客の質が、

安定しにくい時期ですから、

 

いままでの顧客、現在の顧客との関係が、

転換期の過渡期は、

特に大切になって来ます。

 

それをしっかりとやりましょう。

そうしてリピートしてもらうことが大切です。

 

 

*******

ご相談のあった、

コンサルタントさまご自身がそうでしたが、

 

自分が提供している仕事内容に、

すでに情熱が保てない場合、

それでもお客様に人気があれば、

そのまま我慢して、

続けようと思うかも知れませんが。

 

その我慢=自己犠牲。

 

つまり、あなたにもお客様にも、

よろしくない因果を作ってしまいますので、

私はお奨めしません。

 

また、あなたの情熱の低下が、

売り上げ減に直結している場合、

 

もしくは、あなたに情熱があっても、

一定期間売り出していても、

売り上げが上がっていない場合

 

速やかに見直し、リニューアル、

もしくはそれを止めて、

 

「新たなものを作る必要」が

ある時期に来ています。

*******

 

では、どのように

「新たなものを作る」のか?

 

それについては②で、

お知らせしたいと思います。

 

きっと転換期の方、

それ以外の方にも、

お役に立てると思いますよ!

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

↓ブログには載せないつぶやき、コラムも書いています。


—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP