こじらせ女子はまるで、歩く「ブロックの宝庫」です。

超共感心理学を応用した、

起業家の、

お金と人間関係☆書き換えコンサルタント

思考回路デトックスの専門家

ワン・コマンドコーチ・プラクティショナー

江藤恭子です…肩書長っ!(笑)

*******

起業家として動き出す④…脱!こじらせ女子で走り出そう!

でカミングアウトしましたが、

私は元、サブカル系、

こじらせ女子ど真ん中!

でごさいました。

いまでもたぶん、

私のベースはそうだろうなと思います(笑)

こじらせを捨てた、というよりも、

「素直さ」をインストールしたことで、

こじらせを、どこか、

棚に置いておくことが、

出来るようになりました…。

*******

あとは、お仕事上、

「こじらせ女子」の経験と視線は、

時に、とても有益なものなので、

TPOにあわせて、活かしております。

*******

この「こじらせ女子」

ドラマになって人気女優さんが演じていたそうですが、

TVを観ない私は、どんなお話なのか?

知りません(爆)

*******

ネットでググって(検索して)みますと、

こじらせ女子(男子もありました)

の定義もいろいろらしく、

既に足ひれ尾ひれもついているようなので、

ここでは、

・女性であることや、

自分自身に自信が無い。

・褒められてもとことん受け取らない。 

 とことん拒絶し、否定する理由を挙げ続ける。

(容姿もそれ以外も)

・世の中を斜めに見ていて、

批判精神旺盛。

常に上から目線。

・人に甘えることが出来ない。

 

・上手くいっている女性に対して劣等感、

 もしくは嫉妬心が強い。

上記のことが最低一つは当てはまる、

という女性という設定をしたいと思います。

*******

つまりサブカル系も、腐女子系も、

ここでは関係ありません。(笑)

また「こじらせ女子」でいることが、

その人の幸せだったり、

トレードマークとしてウリのなのであれば、

別にそれはいいのです。

「こじらせている女子」そのものを、

批判したい訳でもありません。

このことははっきりと書いておきますね。

*******

私は起業家さまの、

「現実を書き換えるコンサル」ですので、

あくまでも起業と「こじらせ」について書きます。

「こじらせ女子」が、

起業するにあたって、

何故よろしくないのかと言いますと、

前回も書きましたが、

「こじらせ女子」はまるで解りやすい、

歩くブロックそのものだからです。

*******

・女性であることや、

自分自身に自信が無い。

⇔セルフイメージが低い。

・褒められてもとことん受け取らない。 

 とことん拒絶し、

 否定する理由を挙げ続ける。(容姿・それ以外も)

⇔豊かさを受け取れない。

・世の中を斜めに見ていて、

批判精神旺盛。

常に上から目線。

⇔素直でない

・人に甘えることが出来ない。

⇔愛され下手・依頼下手

・世の中を斜めに見ていて、

常に上から目線。

⇔視点を変えることが出来ない

・自分よりも上手くいっている

 女性に対して劣等感、

 もしくは嫉妬心が強い。

⇔学び下手

*******

つまり、こじらせ女子とは、

〇セルフイメージが低い。

〇豊かさを受け取れない。

〇素直でない。

〇愛され下手・依頼下手

〇視点を変えることが出来ない

〇学び下手

…どうですか?

起業家として成功するには、

かなり厳しいブロックばかりですよね?

これは起業しなくても、

恋活でも婚活でも、

収入UPでも、

人間関係UPでも、

すべてにおいて、差し障ってくるブロックです。

*******

こういうブロックをぶら下げたまま、

「人生が上手くいかない」とか、

「所詮こんなものよ」とか

「どうせ私なんて…」とか、

言っているのは、

潜在意識からブロックを外すプロから見れば、

もうもう、人生に不満があるのは

あったりまえ~!すぎることです。

でもその原因は、

つまりこじらせているのは、

潜在意識にあるので、

不可抗力ともいえるのですが…。

*******

ちなみに、最も高い成果を出される、

クライアントさまの特徴は、

とにかく「素直」な方です。

「こじらせ」の反対は「素直」です。

*******

「こじらせているけれど、起業したい」

という方で、

「望む幸せな現実が欲しい!」

と心から思うのであれば、

まずは努めて「素直」さを、

インストールすることを、

お奨めします。

「こじらせ女子」のまま、

起業家になり成功することは、

至難の業ですから。(経験者語る)

…これが噂の「壁丼」(誤)というものなんですね~。

*******

最後まで読んでくださって、

ありがとうございます。

人気ブログランキングへ

—–

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP